最新情報

青島、フラワー観賞マップを大公開

2016.03.16

   3月に入り、青島市もフラワー観賞モードに入った。春の花の梅、桜、ツツジが相次いで開花を迎える。青島市旅游局(観光局)は青島各地で栽培されている各種のユニークな花を改めて編集し、フラワー観賞マップ」にまとめ、市民の春のピクニック・フラワー観賞をガイドする。


   太平角付近では、数種類の春の花が開花を迎えた。鮮やかな黄色の花びらが道端で目を引き、多くの観光客が足を止めて見つめる姿も。美しい伝説をもつ梅の名所で知られる十梅庵では3月中旬は艶やかな朝やけに真っ白に映えた雪のような梅の花が開花を迎える。最盛期は通常長くて2週間。4月の青島は辛家庄の三明南路上が一面チューリップでうめ尽くされる。4月から5月中旬、大珠山のツツジも開花。6月は八大関が花畑に入り、ここでウェディング写真の撮影に励むカップルたちも多くなる。中でもノイバラ(バラ科)は被写体として大人気。八大関のほか、市南区天山十建中学58中分校、青銅峡路、市北区山東路、嶗山区青大一路、李滄区文化公園東門などのイノバラも見どころとなる。


   上記のフラワー観賞スポットのほか、ハクモクレンが満開となる海寧路、ベニスモモを栽培している海岸路、銀杏の樹が多い日照路と莒県路、オオモクゲンジ(黄山欒樹)がずらり並ぶ江西路、エンジュが美しい観音峡路なども有名なフラワー観賞スポットである。

山東の四季の観光 山東省のベスト民俗風習イベント 空港までのアクセス 孔子の故郷を巡る旅 世界遺産三孔 世界遺産泰山

山東省の今日の天気

  • 済南

    /

  • 青島

    /

  • 威海

    /

最高/最低(℃) 週間予報

レート情報

1中国元 = 0.0000円

2017/12/15 11:28:10 レート簡単計算

旅行会社のおすすめツアー