観光スポット

威海 Weihai

威海幸福門広場

国際的な知名度では、泰安市の泰山や、曲阜市の孔廟、孔府、孔林には及びませんが、威海市にもソフト・ハード面共に少しも遜色のない観光資源や条件が整っています。威海を観光する機会があれば、のんびりしていて快適な海辺の都市だと感じるに違いありません。

山東半島東端に位置する威海は、自然の景色が素晴らしく、清潔な都市で、3方を海に囲まれているため、爽やかで過ごしやすい気候です。威海の東側は、海を挟んで韓国、日本と、北は遼東半島と向かい合っており、海岸線の長さは1000㎞近くに及んでいます。数多くの島々と港湾もあります。韓国に近いため、現在、約5,000名の韓国人が威海に居住しており、通りにあるお店の店名、看板に中国語と韓国語の文字が併記してあるものが良く見られます。また、韓国製品の一部には、韓国よりも安く買えるものもあり、異国情緒たっぷりです。
威海には、島の風景、砂浜・裾礁以外にも、美しい都市の景観、地下温泉、文化財古跡、名山古刹や、奇石・珍しい川があります。例を挙げてみると、有名な日清戦争記念地の「劉公島」、世界東方の喜望峰と呼ばれる「成山頭」、始皇帝漢武が登った「天尽頭」、道教全真派の発祥地「聖経山」、桃源郷「聖水観」、大東景勝地「鉄槎山」、日中韓三3ヶ国の国民の友情を集めた赤山法華院や、中国北方最大の白鳥の越冬棲息地「天鵝湖(=白鳥の湖)」等80余りの景勝地があり、全てお勧めする価値のある観光名所です。

近年、威海の経済は良好で、1人当たりの平均収入も高くなっていることから、海浜公園、四季を通じて閉鎖されない国際クラスのゴルフ場、威海影視城(=映画館)、西霞口野生動物園、聖経山観光ロープウェイ、甲午海戦館(=日清戦争黄海海戦館)などや、環翠、銀灘、石島湾、天鵝湖(=白鳥の湖)の4ヶ所の省級観光リゾート地といった新しい観光名所が雨後の竹の子のように建てられています。
観光客受け入れ条件については、現在、威海には各種観光ホテルが100軒あまり、旅行社が30社余り、観光用車両、船会社が20社余り、ハイクラスなショッピングセンター、ダンスホール、娯楽センターが30ヶ所余りあります。また、威海空港も4Dクラス標準に達し、北京、哈爾濱、長春、上海、広州等十数本の中国国内の航空路が開通しています。鉄道については、青島、淄博行きの観光列車及び済南、北京行きの旅客輸送列車が開通しています。このほか、大連及び韓国行きの海上旅客輸送航路も開通しています。威海が、交通、観光、宿泊、食事、買い物、娯楽という各分野のパッケージサービス体系についても、既に全て全面的で多機能の総合受け入れ能力を備えていることは明らかです。毎年、中国国内外から訪れる述べ旅行者数及び観光収入は、いずれも20%以上の速度で成長を続けています。

威海が誇る素晴らしい名声の数々は、特別に紹介する価値があると言えるでしょう。庭園都市、中国4つの「人類の居住に最も適したモデルケース都市」の一つ、中国初の国家衛生都市、中国国家ガーデンシティー、全国環境保護モデル都市、初回中国優秀観光都市の一つ、中国国家マナーシティー、及び居住環境改善世界最優秀モデルケースというだけでなく、避暑・レジャー・リゾート、観光旅行の最良の目的地でもあります。

威海は、山東最大の漁業拠点と言われています。毎年夏になると、水上イベントのホットシーズンとなります。事実、2000年より威海では毎年「威海国際魚釣り大会」が開催されています。海釣りツアーのほか、海鮮グルメツアー、日清戦争黄海海戦ツアー、極地風景ツアー、道教追跡ツアー、漁師の家生活風習ツアーや、レジャー・リゾートツアー等の特色ある観光テーマが企画され、様々な人々の観光ニーズに応えることができます。

人口:249.83万人
面積:5,436平方km

威海市には、栄成市、文登市、乳山市、及び環翠区があります。市全体の総面積は5,436平方km、総人口247万で、山東半島東北端の黄海の水辺に位置し、三方を海に囲まれ、一方が陸地と繋がっています。
東は朝鮮半島、日本列島と向かい合い、西は内陸に繋がり、南は海上から東南アジアに繋がっていると言え、北は遼東半島と向かい合い、昔から「北京・天津の鍵と戸口」という呼び名があります。中国では韓国に最も近い地方であり、中国の重要な海上交通の中枢及び北方の対外貿易の主要出口及び通路でもあるのです。

威海の歴史は7,000年余り前まで遡ることが出来ます。西暦1398年、明がここに衛屯兵を置いたことから、「威海衛」と呼ばれました。1898年、威海はイギリスに租借され、1930年10月に返還されて威海衛行政区が設けられました。1945年に威海衛市を設けた後に、再び威海市(県級)に改名されたのです。1987年6月、承認を受けて地級市に昇格しました。

威海は、中国の南北を等分する線上にあります。また、特殊な地理的位置や海洋、山林の調節作用により、海洋性気候の特徴がはっきりと出ています。年平均気温12.7℃、平均降水量900㎜余り、四季がはっきりしており、過ごしやすい気候で、観光・避暑・レジャーの目的地として最適です。
特筆すべき点と言えば、威海市の市街地はすぐ傍に山と海があり、美しく素晴らしい環境で、大気の質、水質や騒音といった環境品質指標は全て中国国家標準を満たしていることです。また、中国初の国家衛生都市、及び初回注億国家環境保護モデル都市に認定され、観光・避暑・レジャー・リゾートの目的地として最適です。

■威海国際釣魚節(=威海国際魚釣りフェスティバル)
1000㎞の海岸線を持つ威海は、恵まれた釣りの条件を活かし、毎年10月上旬に中国威海国際魚釣りフェスティバルが開催され、中国国内外の釣り愛好者を招いて海船釣り大会、磯釣り大会、淡水釣り竿投げ大会、レクリエーション大会等沢山の、かつ多彩な大会が開かれます。これらの大会には、10余りの国々及び地域の1000名近い釣り人が参加します。また、国際魚釣りフェスティバルの開催と同時に中国全国漁具博覧会も開催されます。

■栄成国際漁民節(=栄成国際漁師まつり)
3年に1回開催される栄成国際漁師まつりは、漁師が主体となり、漁村文化を主な内容として各種海上スポーツ、生活風習観光大型イベント、経済技術貿易商談会、及び海洋漁業博覧会等の一連のイベントが行われます。栄成国際漁師まつりの第1回、第2回はいずれも穀雨(二十四節気の一つ。毎年、4月19日~21日頃に当たり、田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける春雨が降る頃とされる。)の時期に2日間開催されました。
毎年、穀雨の時期には春の増水が始まり、様々な魚が岸に近づいてきます。ひと冬休んでいた漁師の忙しい日々がまた始まり、魚を獲るために海に急ぎます。海の上の仕事の新たな一年がスタートするのです。漁師達は、海神が授けて下さる沢山の魚介類に感謝し、毎日船一杯に魚介類が獲れるよう祈願し、神様のご加護により災難を免れるよう切に願って、穀雨の節句に神様を祭る伝統的なお祭りを行います。このため、穀雨の節句が栄成の漁師のめでたい節句となったのです。
1993年の第3回目より7月24日~7月28日開催に変更され、翌年に続けて第4回を行った後、再び3年に1回の開催へと変更になりました。こうして、漁師まつりは、毎年、中国国内外の来賓1万人近くと現地の市民10万人が参加するおまつりとなっています。

威海のグルメ特産品は中国国内外にその名を知られています。魯菜(=山東料理)の発祥の地の一つと言われるほか、海鮮料理も有名です。威海のグルメ特産品は、見た目・香り・味共に素晴らしく、包丁さばき、盛り付け、火加減、味わいが工夫されているため、美味しくて食感が良く、素材の持ち味がしっかりと活かされています。

その調理には殆どの場合、煮込む、あんかけ、揚げる、炒める、ソテーする、蒸す、焼く等の手法が用いられています。主な名物料理には、紅焼海参(=ナマコの醤油煮込み)、手扒対蝦(=皮付きクルマエビの塩茹で)、芙蓉干貝(=干し貝柱入り茶碗蒸し)、紅焼海螺(=巻貝の醤油煮込み)、油爆天鵝蛋(=大アサリの揚げ炒め)、姜汁螃蟹(=蒸し/茹でガニの生姜醤油添え)、清蒸加吉魚(=真鯛の姿蒸し)、油炸万寿菜(=万寿菜炒め)や、威海清湯(=威海風魚のつみれスープ)等があります。

威海大水泊空港の拡張工事はすでに完了し、4Dクラス(=滑走路の長さが1800メートル以上、利用可能な飛行機の翼の最大の幅が36-52メートルなどの基準を持つ空港)の基準に達し、大型旅客機の離発着の条件を備えています。さらに、北京、濟南、広州、ハルビン、海南省など国内十数路線がすでに就航しています。

桃(村)威(海)鉄路(=威海と桃村を結ぶ路線)は、すでに全線運営を開始しており、内陸部との橋渡しをする輸送動脈となっています。同時に、濟南、北京など多数の旅客路線がすでに開通しています。

青威(=青島-威海)、煙威(=煙台-威海)の高等自動車専用道路2路線を新設して、市エリアの車両の通行が可能な公共道路の延長距離は2185.8kmに達し、その密度は全国平均レベルの3倍となっています。現在、威海市全体で商業港6カ所、漁港100カ所以上を擁しており、多機能で、設備が万全の港湾体系を形成しています。これまでにすでに、威海から韓国、威海から大連へ至る海上旅客・貨物航路が開通しており、さらに、日本、香港へ至る海上貨物航路もあります。

市内バスの主要路線は以下の通りです。

・K1線:列車駅バス停留所~トーチビル(15停留所)
(始発時間)6:10~(終発時間)21:00(冬)、21:00(夏)
時間間隔:ピーク時12分、通常時15分

・K2線:威高プラザ~トーチビル(18停留所)
【威高プラザ】(始発時間)6:10~(終発時間)19:00
【トーチビル】(始発時間)6:10~(終発時間)19:00
通常時間帯の本数:6、時間間隔:12~15分

・“幸福海岸”観光線:
観光埠頭~威海港~海源公園~半月ベイ~黒島~キャットヘッド山~靖子村~グレープバンド海水浴場~遠遥村~ゴールドバンド海水浴場~国際海水浴場
【始発停留所】観光埠頭(海濱路東観光埠頭の地下通路出口南50メートル。15番バス停留所)~国際海水浴場
(午前)8:30 9:00 9:30
(午後)12:30 13:00 13:30
【始発停留所】国際海水浴場(海水浴場東側 “老刺参海鮮レストラン”。7番北バスの停留所)~観光埠頭
(午前)10:00 10:30 11:00
(午後)14:00 14:30 15:00

・1番:実験中学校~工友グループ(34停留所)
実験中学校:(始発時間)6:00~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
工友グループ:(始発時間)5:48~(終発時間)20:10(冬)、20:50(夏)
通常時間帯の本数:16、時間間隔:7~9分

・2番:家家悦ゴールドモンキーショッピングプラザ~莱海(23停留所)
家家悦ショッピングプラザ:(始発時間)6:00~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
莱海:(始発時間)5:50~(終発時間)20:50(冬)、20:50(夏)
通常時間帯の本数:9、時間間隔:10分

・3番:華聨商厦~孫家疃(16停留所)
華聨:(始発時間)6:00~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
孫家疃:(始発時間)6:00~(終発時間)20:00(冬)、21:10(夏)
通常時間帯の本数:8、時間間隔:10分

・4番:華聨商厦~王家村(12停留所)
華聨:(始発時間)6:00~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
王家村:(始発時間)6:20~(終発時間)20:50(冬)、21:15(夏)
通常時間帯の本数:6、時間間隔:10~12分

・5番:実験中学校~大川西(18停留所)
実験中学校:(始発時間)6:00~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
大川西:(始発時間)6:00~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
通常時間帯の本数:10、時間間隔:6~10分

・6番:家家悦ゴールドモンキーショッピングプラザ~西澇台(17停留所)
家家悦ショッピングプラザ:(始発時間)6:05~(終発時間)19:20
西澇台:(始発時間)6:00~(終発時間)18:40
通常時間帯の本数:4、時間間隔:20分

・7番:東城路~トーチビル(32停留所)
東城路:(始発時間)6:00~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
トーチビル:(始発時間)5:50 ~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
通常時間帯の本数:18、時間間隔:5~6分

・9番:陳家後溝~漁港(18停留所)
陳家後溝:(始発時間)6:00~(終発時間)20:30(冬)、21:00(夏)
漁港:(始発時間)6:10~(終発時間)21:00(冬)、21:30(夏)
通常時間帯の本数:7、時間間隔:10分

・陳家后溝~海警第一チーム(18停留所)
陳家後溝:(始発時間)6:00~ (終発時間)17:48(冬)、17:48(夏)
海警第一チーム:(始発時間)6:42~(終発時間)18:30(冬)、18:30(夏)
通常時間帯の本数:18、時間間隔:ピーク時40分、通常時50分

・10番:鳳林集~実験中学校(35停留所)
鳳林集:(始発時間)5:50~(終発時間)20:10(冬)、20:50(夏)
実験中学校:(始発時間)6:03~(終発時間)21:10(冬)、21:40(夏)
通常時間帯の本数:12、時間間隔:7~10分

タクシー:
初乗り運賃は6元ですが、1元の燃料サーチャージが別途必要です。夜10時以降の初乗り運賃は7元になります。

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する