観光スポット

臨沂 Linyi

地蔵殿

臨沂は、沂州府という古称で、山東省東南部に位置しており、市内には9県3区があります。もとより「沂蒙山は良いところ」と呼ばれています。臨沂市は、多様な地形をしており、山、丘陵、平地がそれぞれ3分の1を占め、中国北方の豪快な風景と農産物・水産物に恵まれた南方の人々の気風を兼ね備えています。北部は、どこまでも山々の起伏が続き、中部は丘がうねうねと続き、南部は沖積平原が果てしなく広がっています。主に蒙山、沂山、魯山及び尼山等の山脈があり、なかでも、蒙山は海抜1,156mで山東省で二番目に高く、昔から「自然の酸素バー」と呼ばれています。
泰沂山脈と蒙山を主な骨組みとして形成されている沂蒙山エリアには、豊かで独特な自然の景観があり、珍しい峰・険しい峰、奇石・珍しい洞穴、鏡のような湖と青々した山の景色は素晴らしいものが多過ぎて、見尽くすことが出来ないほどです。くねくねと続く沂河は、象嵌細工の玉製のベルトのようで、市内全体を縦に貫き、臨沂をより神秘的な雰囲気にしています。南部の「臨郯蒼沖積平原」は、のどかで静かな田園風景を見せてくれます。このように、臨沂市全体で、代わる代わる多彩な風景を目にすることが出来ます。

人口:1022.7万人
面積:17184平方km

臨沂市は、山東省の東南の海沿いに位置しています。地理的位置が素晴らしく、東は青島、日照、嵐山、連雲という4つの港に近く、西は棗荘、済寧、泰安に、北は淄博、濰坊に接しています。新欧亜大陸橋(=新ユーラシア ランド ブリッジ)東端に位置する臨沂市は、中国の様々な交通の要地を守る重要地点と言えます。このほか、臨沂市はまた山東省と裕福な江蘇省の境に位置しているため、臨沂市の経済貿易は、今後、かなり発展する見込みがあると言えるでしょう。

臨沂市は、歴史的・文化的基盤がある都市で、東の異民族文化の発祥の地というだけでなく、中華文明の重要な源流の一つです。数十万年前には既に、沂河の両岸に人類の祖先が活動した痕跡が残っているとともに、20万年前の旧石器時代初期に使用された文字・記号もこの地で発見されています。
また、沂河と沭河流域で発見された100ヶ所近い細石器文化の遺跡も、1、2万年前のものです。歴史記述のある時代に入った後は、商・周の両方がこの地で国を設立し、中国国内・外で有名な『孫子兵法』や『孫臏兵法』の竹簡もここで出土しました。美しく精巧な漢代画像石刻(=絵画が刻まれた石材)のある沂南北寨漢墓は、中国国家クラスの重点文化財保護対象となっています。また、臨沂市博物館には、1万点余りの文化財が保存されており、そのうち、300点余りが中国国家クラスの文化財です。

温帯モンスーン大陸型気候で、四季がはっきりしており、雨量は潤沢です。年平均気温は12~14℃、最高気温は36.5℃、最低気温は-11.1℃、年間降水量は849㎜、年間で霜が降りない期間は200日以上となっています。臨沂市内には、300もの10㎞以上の河川があり、なかでも、市内を通る長さは、沂河が287.5㎞、沭河が253㎞にも達しています。市内全体で、90ヶ所の大小のダムがあり、水資源が豊富です。

■広場文化芸術節(=広場文化芸術フェスティバル)
広場文化芸術フェスティバルは、2001年より開催されています。このイベントの主旨は、臨沂の60余りの広場を十分に利用して沢山の素晴らしい文化イベントを行うことにあります。一般市民の出演者が主体となり、自作自演を主要形態としています。中国の改革開放以降の様々な成果と、全市民の素晴らしい精神状態を褒め称え、調和のとれた社会と素晴らしい文化的雰囲気が作り出されています。広場文化芸術フェスティバルは、一般市民のステージとして定着し、その文化的生活を豊かなものにしているほか、市民の素質と都市のイメージが向上しています。

■書聖王羲之書法節(=書聖王羲之の書道フェスティバル)
臨沂は、書聖王羲之の故郷です。近年、臨沂市では「文化的に名高い市となる」という戦略に力を入れており、王羲之の生誕1700周年の2003年よりスタートして、毎年書道をテーマとした書聖文化フェスティバルを開催しています。これによって「書聖の故郷 魅力ある臨沂」文化の打ち出しに成功したほか、中国国内・外の有名な書道家に聖地巡礼に来て頂けるようアピールしています。2006年には、書聖文化フェスティバルが「中国で最も将来性のある10大フェスティバル」と「中国10大文化芸術系フェスティバル」に選ばれることに成功し、中国の重要なお祭り文化の一つとなったのです。

■望海楼の縁日
観光地となっている郯城県馬陵古戦場の観光スポット望海楼では、毎年、古暦の3月15日と4月8日の両日に縁日が開催されます。南は望海楼から北は黒龍潭まで、四方八方から沢山の人々が集まり、人だかりが出来て大盛況となります。

臨沂には、これといって有名なメインディッシュはないものの、主に伝統的な味わいの軽食が有名です。なかでも、最も特色ある軽食が「臨沂糝」です。この伝統的軽食は、既に2,400年余りの歴史があると言われており、元は西域人の朝ごはんで、肉類、麦・米、葱、塩、小麦粉、醤油、胡椒、五香粉、胡麻油、酢などの様々な材料を調合して作られる肉入りスープの一つです。香りが良く、辛くて美味しく、濃厚ながらもしつこくなく、栄養豊富、という特徴があり、臨沂の人々に愛されています。
このほか、煎餅(=中華風クレープ)も臨沂の伝統的な民間の主食の一つです。材料の違いによって麦、トウモロコシ、粟、コーリャンなどの味に分けられ、薄く焼き付けて紙のようになった煎餅の皮は、おかずを巻いて食べることもそのまま食べることも出来ます。半月から1ヶ月も保存可能です。

度胸のある方は、臨沂に来たら蒙山全蝎(=蒙山風キョクトウサソリ料理)を試してみるのも悪くないでしょう。蒙山北部の環境、気候は山蠍の繁殖・生息に適しているため、キョクトウサソリが豊富に獲れます。蒙山では一般的に油で揚げる調理方法が多いです。食べるとまず海老のような味わいがし、毒消し効果があると言われていますが、食べる前に尻尾の先の毒針を抜くことを忘れないで下さい。

臨沂にはもう一つ、王甜梨という特殊な伝統名物軽食があります。既に200年余りの歴史があり、平邑県の天宝黄香梨、温州の氷砂糖、四川峨眉山の貝母、コウビャクシ、桂花ジャム、大棗などの様々な材料を厳選して漬け込んで作られます。汁の色は紫がかった黒で、口に入れるとさっと溶けて漢方的に痰を切り、のぼせを取り除き、肺を潤して咳を止める効果があると言われているため、健康に良い薬膳食品とされています。元祖は、書院街5号の王という老舗です。

22億元を投じて拡張された臨沂沭埠嶺空港は、1998年末に復航し、これまでにすでに広州、北京、上海など中国各地へ達する15路線が就航しています。

兗石鉄路(=兗州と日照を結ぶ路線)、坪嵐鉄路(臨沂市莒南県坪上と日照市嵐山港を結ぶ路線)とハルビンから長江デルタに至る沿海鉄道の大路線がエリア内で交差し、東西南北を貫く鉄道交通ネットワークを形成しています。

京滬高速公路(=北京と上海を結ぶ高速道路)、日東高速公路(=日照と東名県を結ぶ高速道路。日蘭高速公路と一部が重複)が臨沂市エリア内で縦横に交差し、綿密な交通ネットワークを構成しています。車両の通行が可能な公共道路の延長距離は340kmに達しています。

バス路線の問い合わせ先:0539-8313159

・1番 始発6:00~終発21:00
(人民病院河東医療区)鳳凰メイン通り~東興路~解放路~工業大通り(生建)、時間間隔:6~8分

・2番 (春夏)始発 6:00 ~終発18:30、(秋冬)始発6:30~終発18:00
(小山前)戔九路~聖亜路~大陽路~解放路~新華路~金雀山路~羲之路~陶然路(列車駅)、時間間隔:13分

・3番 (春夏)始発 6:00~終発18:30、(秋冬)始発6:30~終発18:00
(水榭華庭)~清河北路~祝丘路~陶然路~沂州路~金坛路~八一路~平安路~新華路~銀雀山路~通達路~北園路~八腊廟街~育才路~琅琊王路~(長距離バス停留所乗換センター)、時間間隔:20分

・4番 (春夏)始発 6:00~終発:18:30、(秋冬)始発6:30~終発18:00
(王平庄団地)琅琊王路~育才路~通達路~沂河路~羅六路~湖北路~湖西路~双月園路(高新新区病院)、時間間隔:10~15分

・5番 (春夏)始発 6:00~終発18:30、(秋冬)始発6:30~終発18:00
(交運会社)解放路~沂州路~蘭山路~沂蒙路~硯池街~通達路~平安路~王庄路~陶然路~琅琊王路~化武路~西外回り路~沂河路~(金物機械机電城)、時間間隔:15分

・6番 (春夏)始発 6:00~終発18:30、(秋冬)始発6:30~終発19:00
(工業技術学校)解放路~通達路~洗硯池街~沂蒙路~金雀山路~東興路(彭于埠)、時間間隔:8~10分

・7番 (春夏)始発6:00~終発18:30、(秋冬)始発6:30~終発18:00
臨沂大学東門~工業大通り~双岭路~琅琊王路~育才路~通達路~銀雀山路~沂蒙路~金一路~沂州路~清河南路~沂河路(美濠ガーデン)~百易インテリア 、時間間隔:8分

・8番 (春夏)始発 6:00~終発:18:30、(秋冬)始発:6:30終発:18:00
(徐庄)沂蒙路~青年路~通達路~解放路~王庄路~水田路~臨西九路(北道)、時間間隔:10~12分

タクシー:
豪華型(エンジン排気量が2.0リットル以上のもの):初乗り運賃は7元(3キロ以内)です。3キロを超えると1キロ 1.60元の加算となります。
標準型(エンジン排気量が1.6~2.0リットル未満のもの)と一般型(エンジン排気量が1.6リットル未満のもの):初乗り運賃は6元(3キロ以内)です。3キロを超えると1キロ 1.50元の加算となります。

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する