観光スポット

聊城 Liaocheng

光岳楼

独特な構造の水の都聊城は、山で有名な山東省の他の都市に比べて神秘的で美しい都市です。39平方kmの面積のうち、13平方km近くが水域で占められており、特に正方形状の旧市街地の周囲が東昌湖で囲まれており、名実ともに「江北水城」(=長江以北の水の都)と言えるでしょう。
このほか、古くからの運河が玉製のベルトのように市街地よりくねくねと通り抜けており、一本の線のような美しい風景を作り上げています。麗しい風景以外にも、聊城は文化的基盤がある歴史的な都市です。光岳楼、山陝会館、臨清の舎利塔と鈔関(=運河を通る船からの徴税機関)等の古跡がいずれも完全に近い状態で保存されています。このほか、聊城は歴史上有名な沢山の物語の舞台となっています。水滸伝の景陽崗、金瓶梅の「武松の西門慶殺し」は、いずれも聊城でのシーンです。このため、聊城には特別に水滸金瓶梅旅遊城(=水滸伝・金瓶梅テーマパーク)が建てられ、物語のシーンが生き生きと再現されています。

人口:561.31万人
面積:8715平方km

山東省西部に位置し、北川は徳州、東側は省都の済南と接し、南側は河南省との省境です。人口は約30万人、昔から魯西(=山東省西部)の政治、文化、経済の中心地でした。聊城には、東昌府区、臨清市、冠県、莘県、陽穀、東阿、茌平、高唐という1経済技術開発区、6県があります。

龍山文化時代には既に、聊城には人々が生活し、農業に従事し始めていました。また、春秋時代には既に斉西部の重要な都市となりました。隋になると、煬帝が京杭大運河を切り開いたことから、都市間の交通、水利が便利なものとなり、経済文化の発展が促進されました。当時は、臨清が重要な交通の中枢となっていました。
明清の両時代は、歴史上、聊城の最も輝かしい時代でした。明永楽9年(1411)の間に、何度も土木工事が行われて会通河が開通し、中国南北を縦に貫く大運河によって聊城は活気に溢れ、発展、繫栄していきました。臨清、聊城は、運河沿いの9大貿易都市のひとつとなり、かつてない程の繫栄の時代を迎え、水運・陸運の要衝地、天府の身近にあるものと言われました。当時はありとあらゆる事業が繁盛し、林立していました。川沿いには海外から来た商人の会館が立ち、背の高い楼閣、壮麗な名刹もあり、清の康熙帝は4回、乾隆帝は9回も聊城への行幸を行いました。

聊城は、暖温帯モンスーン気候に属し、四季がはっきりしており、十分な日照があります。春は乾燥して風が多く、夏は高温で雨が多く、秋は爽やかで過ごし易い気候です。年間平均気温は13.2℃、最も寒い1月の平均気温は-2.6℃、7月の平均気温は27度、年間の全年霜が降りない期間は約207日です。

■花姑節(=花姑まつり)
旧暦の1月28日は、聊城高唐県特有の伝統的まつりである「花姑まつり」です。これは、中国南方より来て高唐に定住した花姑という名の女性が、高唐の人々に綿を植え、糸を紡ぎ、布を織ることを教えて衣食足るようになったため、高唐の人々は花姑を神仏のように崇め、花姑が亡くなった後、高唐の西門の外に花姑廟を建ててその功徳を褒め称え、花姑の誕生日である旧暦の1月28日を花姑まつりの日とした、という伝説から来ています。以前は、毎年この日になると花姑廟の縁日が開かれていたそうです。この日、農村ではどの家も麺疙瘩(=中華風すいとん)、麺片(=薄く伸ばした平麺)や、麺を茹でて食べます。麺疙瘩は綿の実、麺片は綿の葉、麺は綿の枝を表し、花姑を祭り、綿花の豊作を祈るのです。現在でも高唐県内には、「綿花が獲れるかどうかは、旧暦1月28日によって決まる」という農事にまつわる諺が広く知られています。この日が晴天であれば、花姑が喜び、その年は綿花が豊作となり、曇りであれば花姑が不満に思い、綿花が不作になると言われているのです。

■「江北水城(=長江以北の水の都)」文化・観光フェスティバル
聊城市は、毎年「5月1日メーデーの長期休暇」、「10月1日中国建国記念日の長期休暇」の期間に「江北水城」文化・観光フェスティバルを行っています。
大型テーマを決めたナイトイベントのほか、民間文化・芸術ショーが開催され、地方グルメ特産品・工芸品展示会や、江北水城観光スポットの観光等、様々なイベントが行われます。聊城市には、流域面積が30平方km以上の河川が23本、流域面積が100平方km以上の河川が3本あるほか、都市内の湖としては中国北方最大の東昌湖があり、その水面の総面積は5平方km近くにも及びます。これは、杭州の西湖にも匹敵し、「江北水城」という美しい名前はここから来ているのです。

聊城は、水滸伝・金瓶梅の舞台であるため、水滸伝・金瓶梅をモチーフとした特別な飲食物が沢山あります。一番有名なのは、本にも描写された景陽崗酒と武大郎炊餅(=武大郎が売っていたとされる中華風パン)です。このうち、景陽崗酒は今でも「三碗不過崗(=3杯飲んだら 山を越えられない)」と掲げた酒屋で売られている酔いが後から回る強い酒で、3杯飲んだだけで、景陽崗の山を越えられないと言われています。武松は噂に惑わされず、酒を実に18杯飲み、大丈夫だったばかりでなく、力強く虎と戦ったのです。
本の中には武大郎炊餅についても触れられています。武大郎は日常、炊餅売りを職業として生計を立てていました。炊餅は現在まで伝わっており、聊城でよく食べられている主食です。朝ごはんや会席の場での主食として口の中でほろりとほどけて香ばしく、ふっくらと焼き上がった炊餅は、そのまま食べてもおかずを挟んで食べてもとても美味しく、一度試してみる価値があります。

このほか、聊城の飲食業者が金瓶梅の内容を一心に研究し、約200種類の料理を整理しました。その中から、32の料理を再現して金瓶梅コースを作り上げたのです。一般的に、乾燥・生の食品が4種、果実4種、箸休め4種、オードブル4種、メインディッシュ12種、軽食2種、炒めもの4種で構成されています。この中で比較的有名なメインディッシュは、宋蕙蓮烩猪頭(=宋蕙蓮の豚頭煮込み)です。本には、西門慶の女性料理人であった宋蕙蓮が作った美味しい料理で、マッチ1本だけで豚の頭を皮が外れ、肉がとろとろになるまで煮込んだことが書かれています。この料理には、たっぷりとコラーゲンが含まれ、美容にも良く、食べ方は少し北京ダックに似ており、巻餅(=中華風クレープの皮)にネギと一緒に挟んで食べます。しかし、実際には金瓶梅コースを食べるのは、話のタネとするため、情緒を味わうため、と言えるでしょう。

聊城から濟南の濟南遥墻国際空港までは車でわずか50分しかかかりません。

聊城市の交通の便はよく、京九線(=北京と香港を結ぶ路線)と濟邯線(=山東省濟河県と河北省河邯鄲県を結ぶ路線)がここで交差し、京九線を超えるとユーラシア大陸橋とつながることができ、聊城から南へは香港、北へはロシアに達することができます。聊城から出発して1時間50分で濟南へ、3時間58分で北京へ到着できます。

聊城は山東省の中で交通がもっとも便利な都市のひとつです。京九鉄道や邯済鉄道、済館高速道路がみんなここを通るため、東西南北をつなぐ要になっています。さらに、聊城鉄道のグルーピングステーションは京九路線の4大グルーピングステーションのうち1つです。聊城から1時間で済南空港に、4時間で青島海港に、4時間半で北京に着く事ができます。
済聊館高速道路は全域を横切り、山東省の済南や聊城、河北省の邯郸をつなぐ主要道路になっています。その始点は山東省済南市黄河二橋で、山東省の茌平県や聊城、冠県を通り、河北省の邯郸市館陶県に至ります。
高邢高速道路の高唐から臨清までの区間は、山東省高速道路の重要区間であり、山東省や河北省、山西省を貫通する、省をまたがる高速道路の重要通路です。
徳商高速道路は済広高速道路の重要な一部であり、山東省を縦断しています。北は徳州から始まり、南は山東省と河南省の境界まで延びています。

バス:
10番 区人大~桑海子
11番 列車駅~列車駅
12番 長距離バス~姜堤楽園
134番 バスターミナル~翠苑団地
138番 鼎舜ガーデン南門~野菜卸売りマーケット
139番 香江ビッグマーケット~交運千千佳物流
13番 聊城二中~香江ビッグマーケット
16番 香江ビッグマーケット~鳳凰苑
17番 職業技术学院~列車駅
18番 香江ビッグマーケット~聊大東昌学院
19番 職業技术学院~市車管所
1番 列車駅~香江ビッグマーケット
21番 香江二期~杜庄
22番 香江二期~許営
235番 国際和平病院~停留所北ガーデン
23番 列車駅~北楊集
24番 区人大~田庄
25番 区人大~張炉集
26番 香江ビッグマーケット~李海務
27番 列車駅~常李瓜
28番 時代豪園~鳳凰苑
2番 列車駅~聊大ガーデン
315番 鉄塔デパート~大李官屯
31番 亜大怡景ガーデン団地~鉄塔デパート
329番 馮庄~バスターミナル
330番 バスターミナル~列車駅
345番 香江ビッグマーケット~バス第三会社
3番 南門口~鲁化グループ
436番 鳳凰工業パーク~北順石材マーケット
437番 区委家族団地~市労働局
4番 列車駅~聊城刑務所
5番 職業技术学院~香江ビッグマーケット
6番 列車駅~聊大東昌学院
7番 会計学校~鲁西骨科病院
8番 区人大~閆寺鎮政府
9番 羅屯発電工場~香江ビッグマーケット

タクシー:
初乗り運賃は6元(3キロ以内)ですが、第一と第四半期は21:00から6:00まで、第二と第三半期は22:00から5:00まで夜間運賃が適用されます。その場合の初乗り運賃は6.6元(3キロ以内)です。なお、3~7キロ(7キロを含む)は1キロ 1.6元、7キロを超えると1キロ 2.4元加算となります。

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する