観光スポット

泰安 Taian

唐摩崖

泰山環山路東端

概要

泰山には2200以上もの刻石・石碑があり、「中国摩崖刻石ミュージアム」といわれるほど、優れた石刻芸術の宝庫となっています。泰山の壮麗さと歴史に、多くの文人が惹きつけられ、詩や文章に書いたため、多くの作品が残されています。山裾から登ると道々に、秦朝から清代までの、各種書体の石碑を見ることができます。碧霞祠の東北の、巨大な刻石が並んだところが「大観峰」で、東は宋摩崖、中は唐摩崖、西は清摩崖になっています。
最も有名なのは、俗に唐摩崖と呼ばれる、唐の玄宗皇帝の碑文『紀泰山銘』で、唐の開元十四年、西暦726年につくられ、高さ13.2m、幅5.7m、合計1008字が唐隷書体で刻まれており、封禅の儀式の由来などを記し、泰山を称揚すると共に、大唐帝国の興世と唐の最初の五大帝王の功績を表しています。

所属スポット:泰山風景名勝区
観光スポット種類:自然風景 記念物遺跡 
営業時間:終日
住所:泰山環山路東端
Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する