観光スポット

泰安 Taian

碧霞祠

泰山極頂南側

概要

岱頂の天街と大観峰の間にある碧霞祠には、泰山の女神、碧霞元君が祀られ、女性や子どもの庇護に霊験あらたかとされています。西暦1009年に建てられた碧霞祠は、壁に「万代瞻仰」と書かれ、明代の建築規模や銅の鋳造品を完全に残した見事な建築で、建築主体は清代の中・晩期様式となっています。山門を境に、内外二院に分かれ、登山ルートは東、西神門からで、神門には閣楼が建てられ、傍には鐘鼓楼があります。
大山門を入ると、正門上の扁額には「碧霞祠」の金色の文字があり、正殿香亭には明代の万暦年間に鋳造された碧霞元君の銅像が奉られ、正殿の東西は鉄瓦に覆われた配殿で、それぞれ眼光神、送生娘娘が奉られています。碧霞祠は、中心線を設けた左右対称、南から北へと徐々に高くなる緻密な設計で、中国高山古代建築史上の輝かしい功績といえます。

所属スポット:泰山風景名勝区
観光スポット種類:自然風景 記念物遺跡 
住所:泰山極頂南側
URL:http://www.bixiaci.org/
Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する