観光スポット

泰安 Taian

概要

碧霞祠の北面にある玉皇頂は、泰山主峰の最高峰で、頂上に玉皇廟があることからこの名が付きました。玉皇頂近くには「五岳独尊」の四文字が刻まれた大きな石碑が、辺りを睥睨しています。玉皇廟の前の平台には、字が刻まれていないため「無字碑」と呼ばれる背の高い石碑が聳え、頂蓋石、頂柱石と石柱の三つからなるこの石碑は高さ4.95m、両側に並ぶ石碑に無字碑の由来が記載されています。
玉皇廟が建てられた年代は不明ですが、明代に改築され、正殿には玉皇大帝の像が奉られ、殿の前には道教の文字と「泰山極頂」の字が刻まれた「極頂石」があり、泰山の標高1545mも記されています。石欄の周囲には願掛けの南京錠がびっしりと掛けられ、参拝者の多さがうかがえます。「極頂石」の西北には、歴代の皇帝が玉皇頂で祭壇を築いたことを説明した「古登封台」の石碑があります。

所属スポット:泰山風景名勝区
観光スポット種類:自然風景 記念物遺跡 
Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する