観光スポット

済南 Jinan

概要

暦山院は、千佛山がかつて「暦山」と呼ばれていたためにこの名が付きました。最初に眼に入ってくるのは、乾隆帝の筆によるという『歴山院』の三文字で、院内には祠や古樹がたくさんあり、それぞれ特色を備えています。ここは最初、清朝が建立した、儒教、道教、仏教の混合施設で、後に舜文化(道徳文化)の弘揚のため、全体の建築は道家が主となりました。「舜祠」は主殿で、千佛山で最も高い建築物であると共に、済南で史上最も早く誕生した祠堂でもあり、北魏年間に建てられたと伝えられています。中には舜の彫像があり、両側には夫人である娥皇と女英の像が立っています。 
二つの配殿は魯班祠と三聖殿です。魯班は春秋時代魯国の著名な工匠で、千佛山に隠居したことから、後世の者が記念として魯班祠を建てたもので、祠の中には魯班の坐像が祀られています。明代に建てられた三聖殿は、主に尭、舜、禹という三人の聖帝を記念して建立されました。道教の信仰ではそれぞれ天官、地官、水官に封ぜられ、正面に主な彫像、両側には大臣の彫像があり、荘重な雰囲気です。

所属スポット:千仏山
観光スポット種類:自然風景 
営業時間:8:30-17:00

見どころ

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する