観光スポット

済寧 Jining

魯国故城遺跡碑The Ruins Of Country Lu

済寧市曲阜市約礼街

概要

魯国故城は、周代の国都の遺跡です。紀元前1045年、周が商を滅ぼして天下を治め、武王の弟・周公姫旦が曲阜に封ぜられて、魯国となりました。周公は天子を補佐したため、その子の伯禽が代理として封ぜられ、25世代にわたり34人の君主が続いた後、紀元前249年、楚に滅ぼされました。
魯国の都は四角形に近く、城壁周囲の長さは11771m、西周初年に着工し、中央に宮殿を置き、周囲を壁で囲み、宮殿の前面に朝廷、後方に市街、左に祖廟、右に社禝という、周代の儀礼「周礼」に従ってつくられました。都には、東西と南北に各五本ずつ、計十本の道路が走り、南北方向の真ん中の一本は、都の中心線として、宮殿から東南門を通って高台に達します。魯城は西漢の後期まで使用され、別に漢城が建てられて、西南方向に小さくなっていったものの、魯城の南壁、西壁の一部は使われていました。
1997年、国の文化財部門が魯国故城の調査を行い、魯城の地下遺跡の状況が明らかになりました。魯国故城は、地上に5000m以上の城壁が残り、地下には豊富な文化財を持つ、我が国で最も保存状態のよい先秦時期(秦より前の時代)の遺跡の一つで、1961年、国務院から全国重点文化財保護単位に指定されています。

おすすめ度:★★
観光スポット種類:記念物遺跡 
住所:済寧市曲阜市約礼街
Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する