観光スポット

青島 Qingdao

劈柴院Pichaiyuan

青島市市南区江寧路(中山路北端)

概要

中山路の北端にあるグルメストリート「劈柴院」は、伝統的な赤い屋根と煉瓦壁の佇まいを見せています。もとは市(マーケット)だったのが廃れてしまい、青島市政府が2009年春に青島で最も古い市「劈柴院」を復元してオープンしました。観劇や茶楼など、かつてあった要素も取り入れ、昔の賑やかな劈柴院の様子が味わえるようになっています。 
劈柴院は青島がドイツに占領されるまでは、劈柴(=薪)や竹竿など雑多なものを扱う市に過ぎず、毎月一日、六日には大きな市が開かれ、あちこちから人が集まって商いで賑わい、ここは「劈柴市」と呼ばれていました。ドイツの青島占領後、1902年にはここに、青石を敷き詰めた道路の両側に煉瓦の建物が並ぶ江寧路がつくられました。40年代末、劈柴院はかなりの規模に広がり、大小のレストランが並び屋台がひしめく、青島で最初のグルメストリートとなりました。 
現在では上海の城隍廟と同じく、レストラン、宿泊所、茶楼、雑貨屋、食べ物屋台などが揃うと同時に、講談師、役者、雑芸者などが行う娯楽演芸も集まり、青島市民に最も親しまれているレジャースポットです。復元された劈柴院は、かつての賑やかさを取り戻し、中でも「江寧会館」は青島曲芸文化の発祥地で、演芸役者の侯宝林、馬三立、辛鳳霞などがかつてここで演じています。会館では定期的に演芸が催され、食事しながら舞台を楽しむことができます。

おすすめ度:★★
観光スポット種類:記念物遺跡 都市風景 グルメ ショッピング 
営業時間:10:30~22:00
住所:青島市市南区江寧路(中山路北端)

行き方:

バス2路、5路、又はタクシーで。

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する