観光スポット

煙台 Yantai

ワイン醸造体験

概要

中国でトップのワイン企業である張裕社は、フランスの大手ワイン企業・カステル社と提携後、最新のワイン醸造技術を導入しました。馥郁たる香り、芳醇な味わいは、張裕・カステルシャトーワインの特色となっており、一度味わうと忘れられません。
毎年9月から10月には、ここでは世界の有名なワインを味わえるだけでなく、収穫・醸造も体験できるようになっています。まずはエプロンを着けて、竹籠を持ち、一面のブドウ畑で自らブドウを摘みます。そよぐ風にはかすかにワインの香りが混じっているように感じます。
蛇龍珠(Cabernet Gernischt)、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネ、ウェルシュリースリングなど、数々の品種のうち、シャトーは醸造用の上質品種「蛇龍珠」の畑を観光客に開放し、ブドウを竹籠いっぱいに摘んだあとは、スタッフの説明の下、ブドウを樽に入れていきます。さらに一粒ずつを手でもみ、つぶして皮と種を取出し、樽のブドウ汁をボトルに入れ(ボトル一杯はおよそブドウ4~5房分)、発酵剤を入れれば完成。これは17、18世紀の頃の、欧州の伝統的な醸造方式です。
張裕・カステルシャトーはワインの醸造だけでなく、醸造知識の宣伝にも力を入れているというわけです。シャトーのワインは欧州ワイナリーの伝統と溶け合い、百年の歴史を持つ張裕のオリエンタルな個性が受け継がれ、世界中の有名なソムリエから、高い評価を受けています。

所属スポット:張裕・カステルシャトー
観光スポット種類:グルメ ミュージアム 
Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する