観光スポット

東営 Dongying

黄河三角州湿地Wetland of the Yellow River Delta

概要

黄河三角州は、浅瀬、草地、エンジュ、赤い絨毯のように見えるアカザ科の植物など、独特の湿地生態を持ち、面積約15.3万ヘクタールのこの黄河三角州国家級自然保護区は、中国暖温帯で最も広く、最も若い湿地生態系を形成しており、国際的に重要な湿地としてラムサール条約への登録が求められています。驚くべきことに現在まで、黄河の河口は、毎年二、三千メートルの速さで海に向かって進んでおり、陸地面積の自然増加が最も速い湿地となっています。ある有名な作家は、黄河三角州を金色の土壌(古い湾からゆっくりと生み出される新しい土地)と呼びました。黄河三角州は土地を、いってみれば奇跡を生み出し続けているということです。 
かくも独特な生態環境に加え、恵まれた自然条件もあって、黄河三角州国家級自然保護区の生物資源は、想像を超える豊富さです。この新たに生まれた河口湿地は、計り知れない科学研究価値と生態学的意義を持っています。この地を、生態学者は、新たな陸地の形成、変化、発展を研究する重要な拠点と見、生物学者は生物の変化と遷移規則を研究する遺伝子バンクと見、鳥類専門家は東北アジア内陸と環太平洋の鳥類の生存、生息、渡り規則を研究する特殊地域と見、治水の専門家は黄河の治水効果を反映するバロメーターと見ているのです。 
都市の喧騒を離れ、自然へ回帰するエコツーリズムは、現代人に高い人気を誇っています。黄河三角州湿地は、沼沢湿地生態区、槐林生態接待区、蘆葦湿地観鳥区、海灘湿地観光区、新国土観光区など五つの機能区があり、湿地の窓、蘆花飛雪、槐林飄香、柳林畳翠、黄龍入海、長堤観海など黄河口十大景観が設けられています。その「野、奇、特、新、曠、幽」が、黄河口の最も魅力的な特色です。

所属スポット:黄河口生態観光区
観光スポット種類:自然風景 

見どころ

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する