観光スポット

煙台 Yantai

南山宗教文化園Nanshan Religious Culture Park

概要

「南山宗教文化園」は寺院、仏塔を主とした風景区で、様々な時代の寺院建築が、宗教の意味、さらには人類の発展史における文化の普及の様子を表しています。園内にある南山禅寺、香水庵、文峰塔、霊源観、古文化苑などは、唐、宋、元、明、清代などの遺跡で、壮大であったり、精緻であったりと、それぞれ趣が異なります。
「南山大仏」は園内の看板スポットで、この大仏を見るためにやってくる人も少なくありません。大仏は釈迦牟尼仏で、642個のスズ青銅鋳造部品からなり、重さ380トン、世界でも珍しい銅製大仏であり、2004年4月18日に開光儀式が盛大に行われました。大仏の蓮花宝座の下には功徳堂、万仏殿、仏教歴史博物館が建てられています。万仏殿にはまるで生きているかのような銅製金色小仏像9999体が祀られ、大座仏と共に万尊仏像の大いなる陣容を構成しており、その荘厳な雰囲気は、心が洗われるようです。
仏教歴史博物館では、各種図画により、仏教の発展史が展示され、釈迦牟尼仏舍利など数十点の文化祭や仏教文化芸術品が並べられています。古文化苑は、民俗、道教、神文化を集めたスポットで、苑内にある古建築13軒、あずまや20軒、殿堂楼閣25ヶ所、彫像198体が、精緻な建築工芸と宗教文化の息遣いを伝え、生き生きとした漢白玉(大理石)の影壁画が、「八仙献寿」の物語をうたい、三星殿、生肖殿、財神殿、香山祠、三官殿、慶寿宮などの寺院が、道教文化を表しています。華やかな建築と美しい庭園が、荘厳な宗教の聖地へと誘う一方、中国の古典的な庭園を歩くと、あたかも江南(長江の南岸地域)の水郷のような、たおやかな風情です。
園内では展示物以外に、歌や踊りのパフォーマンス、ゲームなどのプログラムもあり、中華文化の粋を様々に感じることができます。

所属スポット:南山観光区
観光スポット種類:記念物遺跡 宗教建築 
Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する