観光スポット

済南 Jinan

百脈泉公園Baimai Spring Park

済南章丘市匯泉路2017号

概要

1989年にオープンした百脈泉公園は、4Aグレード観光区で、敷地面積は1300ムー(約86ヘクタール)。園内はレトロな雰囲気で、広がる庭園のあちこちに泉があります。園内には「中国第一詞園」と謳われる李清照詞園と、宋代を復元した建築物があり、自然と歴史と文化が一つになった観光スポットです。2005年には国連の授与する「世界エコツーリズムスポット」の称号も受けています。 
園内にある泉の水域面積は全体の三分の一を占め、有名な名泉が揃います。湧水源は六つあり、中でも墨泉、百脈泉、万泉湖、梅花泉は、済南72名泉に挙げられています。最も見ごたえがあるのは「梅花泉」で、五つの泉が湧き出し、梅の花のように見えるため、この名が付きました。五つの湧水孔は深さと直径がそれぞれ違い、湧き出し方も異なり、平均湧水量は毎秒0.5・、最高で1.2mもの高さまで噴出し、その壮観さは趵突泉に匹敵します。
百脈泉公園の中にある龍泉寺は、明代に建立され、五百五十年の歴史を持つ、済南の著名な仏寺です。寺院の前には連なった三つの泉――百脈泉があり、龍泉寺の門から見ると、古代の最高官位である「一品」を象徴する「品」の字の形に、泉が並んでいるのが見えます。「墨泉」は湧水孔が深い上に、太陽光線の屈折具合により、湧き出る泉の水が墨汁のように見えることから、この名が付きました。「漱玉泉」は底に丸石が敷きつめられ、澄んだ水で底まで見とおせます。「漱玉」というのは水が丸石を洗う様子を表しますが、一目でその名の由来がわかります。注目すべきは、漱玉泉の湧水孔は墨泉と、一本の線上の北と南にあり、一つは黒く、一つは白いという面白い対比が、天然に出来上がっていることです。

おすすめ度:★★★★
観光スポット種類:自然風景 
営業時間:7:30~18:00
費用:50元
住所:済南章丘市匯泉路2017号
TEL:0531-83213421
Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する