観光スポット

威海 Weihai

中国甲午戦争博物館陳列館

山東省威海市環翠区望島西村

概要

山東省威海市の劉公島の上、旅遊埠頭の近くにある中国甲午戦争(※日清戦争)博物館陳列館は、建築、絵画、彫刻などのアートを用い、ハイテクを駆使して、日清戦争に関する歴史を展示した記念館で、日清戦争の記念地である劉公島に設立されています。陳列館は敷地面積10,000㎡以上、建築面積9,000㎡近く、2008年に、北洋海軍成立120周年を機にオープンしました。
中国甲午戦争博物院陳列館は、有名な建築家である中国科学院アカデミー会員の彭一剛教授が設計したもので、北洋海軍艦船をイメージした主体建築と、勇壮な北洋海軍将軍彫像の見事なコラボレーションにより、「中華百年建築経典」の栄誉を獲得しています。建物上方の大きな彫像は、望遠鏡を持って遥か遠くの海を見つめ、マントを風になびかせた北洋海軍将軍で、その颯爽とした姿は、劉公島に向かう船上から、遠くに臨むことができます。
館内は九つの展示ホールに分かれ、戦争前の日中関係に始まって、日清戦争の開始から終了までの過程が展示されており、画像、彫像、油絵、模型、復元された武器などの展示品や、3D動画、マルチメディアを駆使した映像は、強いインパクトを与え、戦争の壮絶な有様を感じ取れます。展示エリアの最後では、毛沢東、鄧小平、江沢民、胡錦濤といった国家主席の書いた字と、「歴史を心に刻み、警鐘を鳴らし、海防を強くし、海権を興す」と刻まれた鐘が、歴史の悲劇を繰り返さぬようにと呼びかけています。

おすすめ度:★★★★
観光スポット種類:ミュージアム 
営業時間:【オフシーズン】 8:30~16:30、【オンシーズン】7:30~18:00
費用:無料
住所:山東省威海市環翠区望島西村
TEL:0631-5324184
FAX:0631-5301050
URL:http://www.jiawuzhanzheng.org/

行き方:

鉄道に乗り威海駅で下車→バス118路に乗り換え→百貨大楼で下車→バス15路に乗り換え→旅遊碼頭で下車→船で劉公島へ

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する