観光スポット

威海 Weihai

定遠艦風景区

山東省威海市海濱北路54号

概要

山東省威海市の威海港公園内にあり、劉公島と海を隔てて向かい合う定遠艦風景区は、2002年、威海市港務局により建設が決定され、北洋海軍の軍艦「定遠」号を復元し、定遠艦、北洋海軍、日清戦争などの内容と関連文化財を展示した、19世紀の鉄甲船艦の姿を目の当たりにできるスポットです。
清朝末年、清国政府はドイツのフルカン造船所に二隻の7000トン級鉄甲艦、「定遠」及び「鎮遠」の建造を依頼しました。艦長298.5フィート、幅64フィート、深さ24.28フィート、喫水19.6フィート、標準排水量7,144トンの二艦は1885年より軍役に就き、強い武装と優れた防備力で北洋海軍の主力戦艦となり、また当時の極東最大の軍艦でもあって、中国の海上における輝かしい歴史を見届けてきました。1894年、日清戦争黄海海戦において、北洋艦隊の主艦「定遠」号は日本軍の魚雷を受けて擱座し、最後には陸上の砲台を占拠した日本軍に砲撃され、海に沈没しました。日清戦争における定遠艦の勇敢な働きは、「あくまで沈黙しない定遠」として讃えられています。 
定遠艦は昔と同じ寸法で復元され、305mm主砲四基、150mm副砲二基、37mmカノン砲八基、艦載魚雷艇などの艦上の武器設備も昔の資料をもとにつくられており、魚雷発射室、軍官会議室、軍医院などの船室や、動力室、厨房など、百年前の軍艦生活を彷彿とさせる船艦内の様子を見学できます。
風景区は威海旅遊埠頭に近く、日清戦争の歴史をもっと知りたければ、船に乗って北洋海軍基地だった劉公島に行くのがおすすめです。また、威海市の海辺はほとんどが公園・緑地になっており、定遠艦風景区を見た後は、近くの幸福公園を訪れて広々とした風景を眺めることもできます。

おすすめ度:★★
観光スポット種類:ミュージアム 
営業時間:7:30~17:30
費用:75元
住所:山東省威海市海濱北路54号
TEL:0631-5280718

行き方:

威海駅又はバスターミナルからバス1路に乗り、「海港大厦」で下車

Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel 地図
地図を拡大する