山東省の観光~中華文化に名を残す山東省を巡る~

すでに大人気!見逃せない山東省各地のスキー体験

「北国の景色、どこまでも続く氷の世界に、いつまでも雪が舞う。」

白い雪が綿のように美しく舞い、冬の日を童話のようなファンタジーの世界と化す。同時に、ロマンチックで楽しいウインターイベント――スキーも登場。真っ白な雪の上を滑り、雪に身を任せて自由に飛べば、すべての楽しい歌や笑い声も新鮮な空気の中に溶け込み、最上の楽しさと幸福感でいっぱいになる。

毎年12月初め、山東省内の各地のスキー場が相次いでオープン。これらのスキー場では、スキーが人気となるこの季節限定で、先進的な人工造雪設備を備え、スノースポーツの最盛期を迎える。済南金象山、九頂塔、臥虎山などのスキー場は最長で3月中旬まで営業。ここでは、山東省のいくつかお勧めのスキー場を紹介し、いち早く皆の訪れを待っている。

金象山スキー場

済南金象山スキー場は済南市南部山区の仲宮鎮商家に位置し、総敷地面積4,000ムー(約267万平方メートル)。総合的で国際的なスキースポーツベース、華東地区のウィンタースキーの創設施設であり、豊富な積雪量、きめ細かな雪質、国際水準のスキー施設として、全国各地のスキーファンが絶賛する「スキー天国」である。

金象山スキー場は総面積10万平方メートル以上、交通の便がよく、初級、中級、高級のスキーコースがあり、異なるレベルのスキーヤー需要を十分に満たす。主なスキーコースは全長約600メートル、ファミリーで楽しむ雰囲気のベストスポットである。このほか、ロープウェイ、スカイスノーケーブルカー、スノーカーペットなどのスキー施設もあり、現在、全国有数の主要スキー場の一つでもある。

金象山スキー場 金象山スキー場

臥虎山スキー場

臥虎山スキー場は泉水の城で有名な済南市の中でも美景として知られる南部山区に位置し、世界遺産の泰山と同じ山脈から成る連山である。臥虎山ダムから一山隔てたところにあり、市内中心部からわずか13キロメートルと近く、約千年の歴史をもつ普門寺遺跡、72名泉の一つ「聖水泉」からすぐのところで、四方は山に囲まれ、素晴らしい景色が広がる。

臥虎山スキー場

同スキー場は中国、アメリカ、カナダ、日本など各国の専門家が共同で計画・詳細設計を行って建設されたもので、スキーコース12本を保有する。そのうち高級コースは2本、中級は6本、初級は4本で、現在華東地区最大規模、最良クオリティの一般観光スキー場である。同スキー場は中国スキー協会のメンバー企業であり、山東省ベスト10観光地にもランキングする。

臥虎山スキー場

同スキー場は全設備完備で、初級スキーヤーの練習に適する初級コースから、スキーヤーが好む中級、高級コース、スノーボード楽園、子どもたちがレクリエーションを楽しむスノーランドもあり、高級コース、中級コースに接続するコース全長1,000メートル以上を新設し、山東省最長のスキーコースを保有する。

場内のプログラムは豊富で、スキー、雪遊び、雪観賞プログラムが多く、スノーボード、スキー、スノースキーリング、スノーカーペット、スノーカート、スノーCS戦、氷の彫刻展、雪上綱引き、スノーボード公園など、刺激的で楽しい各種のスノースポーツプログラムを用意しあなたの体験を待っている。

青島金山スキー場

青島金山スキー場は青島市即墨金口鎮に位置し、総敷地面積29ヘクタール、1,500人のスキーヤーを同時に収容することができ、青島最大のスキー場である。

同スキー場は全長300メートル、傾斜度10~15度の初級コース2本を設置。また、全長500メートル、傾斜度16~18度の中級コース1本、全長800メートル、傾斜度24度の高級コース1本、更にはスノーフライング用コースもある。

青島金山スキー場 青島金山スキー場
青島金山スキー場

同スキー場は国際先進レベルの造雪、圧雪機を導入し、造雪機9台は、国際先進レベルのスーパー級雪神(SMI)。圧雪機1台は、Bombardier350型。イタリア製Nordicaのスキーボード約1,000セットを備える。更に、スノーバイク2台はBombardier550型、600型の各1台。スノーフライング100台を用意。このほか、高山観覧スキーリフトがあり、全長720メートル、二列に合計60席を設け、6分に1回、1時間に600人を送迎できる。

スキーコースの幅、傾斜度は国家基準を満たす。スノーバイク、スノーフライングは雪景色をより楽しむプログラムであり、高山観覧用スキーリフトに乗れば「雪山の蛇行」が美しく映える景色を観賞することもできる。

泰山は、世界自然遺産と文化遺産の2つの世界遺産に登録されています。「泰山国際登山祭り」の主要なイベントは、中国人が目を丸くする大型の封禅パフォーマンスや、国際登山家に大人気の国際登山競技で、泰山の唯一無二の特徴を十分に発揮しています。

淄博宝山スキー場

宝山スキー場は敷地面積78,000平方メートル、淄博市万盛村に位置し、魯泰大道東で、交通も便利である。冬季のスキー、雪遊び、雪景色観賞のほか、夏季は草花観賞、遊泳観光、カラー弾による射撃、競馬などのプログラムもあり総合的なスキー場として知られる。

同スキー場はライトアップされたナイトスキーコース、子ども用スキーコース、初級スキーコース、エアスノースキーリング、雪橇コース、スノーバイク場を設置し、1日あたりの観光客収容能力は延べ5,000人。スキー、雪景色観賞、雪遊びエリアを完備し、スキーヤーは雪上を爽快に滑る刺激的な快楽を十分に体験することができる。雪山の蛇行、中国の北国の美景を観賞することができ、更には家族や友達と雪だるま、雪合戦、雪景色の撮影などで雪遊びの楽しさを共感することができる。

淄博宝山スキー場

冬のよく晴れた日、壮大で美しく、誰も足を踏み入れていない広大な雪野原の中を滑り、銀色に輝く高山で風が頬を突き刺すように吹き付ける中、スノーバイクに乗って山林、坂道を駆け抜ければ、自身の能力の極限に挑戦しているかようであり、雪道上で上下に動揺して回転し、速度をコントロールする刺激は一種の止まらない魅力でもある。

青雲山スキー場

青雲山スキー場は国家AAAA級風景区安丘青雲山民俗游楽園内に位置し、敷地面積約200ムー(約13万平方メートル)。濰坊地区で最も施設の整った、最高レベルのスキー場である。1,000人のスキーヤー(グラススキーヤー)を同時に収容できる大型スキー場としても有名。

青雲山スキー場
青雲山スキー場

同スキー場は100~260メートルの初級コース2本、300~400メートルの中級コース2本を保有し、さらにエアスノースキーリング、児童雪遊びエリア、スノーバイクエリア、スノーリアルCS戦フィールド基地などもあり、高水準の付属サービスロビーを併設している。フィンランドのハイテク人工造雪システムと現在世界最先端のスキー用品を導入。グラススキー場にはペダル式スピードスキーコース、グラススキーボード用コース、グラスカートコース、ニュージーランドで生まれたスペースボール(Zorb ball)場などもある。設備の増設と同時に、青雲山スキー場には多くのスキーコーチが観光客にスキーの基本とスキーのコツを指導し、安全を保障すると同時に十分にスキーを楽しむことができる。

煙台勃朗魯東スキー場

煙台勃朗魯東スキー場の一期工事は2014年に竣工し、煙台市内で唯一国家体育局から認可された公式スキー場である。全施設はカナダ製の人工造雪機と欧米から輸入した最新スキー用品と国際基準の先進的なスノーカーペット・リフトで更に快適に過ごすことができ、初級コース170メートル、中級コース380メートル、エアスキーリングコース150メートルを備える。煙台市唯一の親子児童スノーランドエリア(エンジンなしの児童用小型スノーバイク、児童用旋雪マシン、児童用エアスノーリング、雪橇、スノーカップ、雪合戦マシンなど)を設置し、スキーヤー、雪遊び観光客800人を収容し、1日あたりの観光客数は4,000人に達する。

淄煙台勃朗魯東スキー場

スキー場にはさらに十数人のプロコーチが待機し初級者に短期間でスキーのコツを伝授する。