加藤庸子脳外科医のプロフィール!経歴や出身大学などまとめ調査!

話題の人

世界で一番多く脳動脈瘤手術を行ってきた脳外科医の加藤庸子医師。

加藤庸子医師は医学部で日本人初めての脳神経外科女性教授に就任するなど女性医師として

医療の現場で活躍されています。

この記事では脳外科医の加藤庸子医師のプロフィールを始め経歴などをまとめています。

加藤庸子医師のプロフィール

加藤庸子医師は脳外科医として脳動脈瘤の破裂を防ぐ「クリッピング術」のスペシャリストとして名高い評判を得ています。

また、女性外科医として世界で一番多く脳動脈瘤手術を行ってきたことで、世界からも注目を集めています。

女性でありながら医療の現場に於いて第一線で活躍されてきた加藤庸子医師はどんな人生を辿ってきたのでしょうか?

加藤庸子医師のプロフィールがこちら。

生年月日: 1952年

出身地: 愛知県

出身大学: 愛知医科大学医学部

 

加藤庸子医師は、2022年で60歳です。

出典: 藤田医科大学ばんたね病院

 

加藤庸子医師の出身は愛知県で父親は開業医、母親は大学教授というハイクラスの家庭に生まれ育っています。

 

開業医の父親の後を追うように愛知県医科大学医学部に進学し、医師を志しています。

脳外科医に進むきっかけとなったのは大学が教授に声をかけてくれたことと、父親が外科医であったことも大きく影響しているとのこと。

 

加藤庸子医師は2022年現在60歳ですが、現在まで結婚はしておらず独身です。

当初は28歳くらいまでには結婚を望んでいたそうです。

しかし20代後半から脳外科医としての仕事が楽しくなり、気が付けば婚期を逃してしまったと言います。

また、女性医師としての結婚と出産、仕事の両立については、女性医師が医師として伸びる時期と結婚して子供を産むタイミングが重なる時で、仕事と結婚、家庭を選ぶ難しいタイミングであるとも述べています。

女性にとっては、永遠の課題かもしれませね。

 

加藤庸子医師にとって脳外科医は天職であったようで、現在まで脳外科医として仕事第一線で尽力されてきました。

「くも膜下出血に苦しむ人を世界中からなくすこと」をライフワークに、海外の発展途上国に対して医療支援や行進の育成にも尽力されています。

スポンサーリンク

加藤庸子医師の経歴

脳外科医のスペシャリストとして女性外科医として世界で一番多く脳動脈瘤手術を行ってきた加藤庸子医師。

愛知医科大学を卒業後は2度の海外留学を経て、医学部で日本人初めての脳神経外科の女性教授に就任しています。

 

加藤庸子医師の経歴です。

1978年: 愛知医科大学医学部卒業

1981年: 中華人民共和国蘇州医学院付属第一病院脳神経外科留学

1986年: オーストリア・グラーツ大学留学

2006年: 藤田保険衛生大学医学部 脳神経外科教授就任

2010年: 藤田保健衛生大学大学病院総合救命救急センターセンター長就任

2012年: 日本脳神経外科学会女性理事に選出

2016年: 藤田医科大学ばんたね病院院長補佐に就任

 

28歳までに結婚を望んでいた加藤庸子医師ですが、医師としての仕事が楽しく充実の日々を送る中で婚期を逃してしまった経験から、加藤庸子医師は女性医師の結婚、出産後のキャリア継続を目指し、日本脳神経外科女医会を発足させ、女性医師の家庭と仕事の両立の課題に取り組んでいます。

 

また加藤庸子医師は患者さんの気持ちに寄り添うことも大切にされており、術後の患者さんと体操をしたり散歩をしたりと、患者さんの心のケアも大切にされています。

そんな加藤庸子医師は患者さんからも高い評価を得ています。

スポンサーリンク

まとめ

脳外科医のスペシャリストとして活躍中の加藤庸子医師のプロフィールと経歴を紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました