【沖縄大学】仲地礼亜の兄の現在は社会人野球で活躍!父と母の職業は

スポーツ

2022年のドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名受けた沖縄大学の仲地礼亜選手。

仲地礼亜選手はお兄さんの後を追うように野球の道を歩んでこられました。

仲地礼亜選手のお兄さんは甲子園出場経験もあり、現在は社会人野球で活躍されています。

この記事では仲地礼亜選手のお兄さんや父親、母親についてまとめています。

仲地礼亜プロフィール

まずは、仲地礼亜選手のプロフィールから紹介します。

まずは仲地礼亜選手のイケメンな画像からご覧下さい。

画像

出典:朝日デジタル

切れ長の目が印象的ですが、鼻筋もスーッと通っておりイケメンですね。

沖縄県で野球をやっている割にはあまり色黒ではないところも印象的です。

どこか俳優さんのような雰囲気さえ伝わってくるようです。

仲地礼亜(なかち れいあ)

生年月日: 2001年2月15日

出身地: 沖縄県読谷村

出身小学校: 読谷村立古堅南小学校

出身中学校: 読谷村立古堅中学校

出身高校: 沖縄県立嘉手納高等学校

出身大学: 沖縄大学

身長: 177センチ

体重: 80キロ

ポジション: ピッチャー

投打: 右投右打

球速: 最速151キロ

球種: チェンジアップ、カーブ、カットボール、スライダー、ツーシーム、スプリット

目標の選手:金子千尋選手(日本ハム)

 

仲地礼亜選手が野球を始めたのは2歳年上のお兄さんの影響で、小学2年生の時に地元の古堅少年野球クラブに入団し、野球を始めています。

中学では軟式野球部には所属せずに、北谷ボーイズに所属し硬式野球で肩を馴らしています。

 

中学卒業後は、お兄さんの後を追うように高校も大学も同じ進路を進んでいるんでいます。

仲の良い兄弟関係が垣間見えるようですね。

 

仲地礼亜選手は大学3年生の時の春の全日本大学選手権で一躍有名になりました。

1回戦で強豪の名城大学に敗れてしまったものの、8回1失点と好投し球速141キロをマークしました。

 

ここから仲地礼亜選手は本格的にプロ入りを目指します。

トレーナーもつけて体作りから取り組み、体重も83キロになり10キロの増量に成功。

スタミナもつけて更に2022年5月mには球速151をマークし、12球団のスカウトから注目される存在となっていったのです。

 

ここまで成長できたのもお兄さんの存在が大きかったことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

仲地礼亜の兄

仲地礼亜選手が背中を追うようにしてきたお兄さんは仲地玖礼選手。

仲地礼亜選手のお兄さんは、高校3年生の夏に嘉手納高校のエースとして甲子園に出場しています。

3回戦まで進出しています。

甲子園に出場することも凄いですが、甲子園での一勝も重みがありますよね。

3回戦進出は素晴らしい結果です!

 

仲地礼亜選手のお兄さんが高校3年生の時は礼亜選手は1年生で、ベンチ入りは叶わずアルプススタンドから兄の活躍を応援していました。

ちなみに仲地礼亜選手が高校3年生の夏は沖縄県大会で準決勝で敗退しており、甲子園出場は叶いませんでした。

 

仲地礼亜選手のお兄さんは嘉手納高校卒業後は沖縄大学に進学し、野球を継続。

そして沖縄大学卒業後は地元沖縄の社会人野球チームの所属しています。

 

仲地礼亜選手のお兄さんの所属している野球チームは「エナジック硬式野球部」。

現在も投手として活躍されています。

 

仲地礼亜選手のお兄さんの画像がこちら。

出典:エナジック硬式野球部

目が礼亜選手とそっくりですね!

 

仲地礼亜選手のお兄さんの玖礼選手のプロフィールです。

仲地玖礼(なかち くおれ)

1998年生まれ

学歴は礼亜選手と同じ

身長: 168センチ

体重: 71キロ

仲地礼亜選手のお兄さんは「玖礼」と書いて「くおれ」と読みます。

礼亜選手の名前もそうですが、なかなか現代風の名前ですね。

 

お兄さんの玖礼選手の体格はアスリートにしてはそれほど大きくはないようです。

 

前述した通り、嘉手納高校時代はエースとして活躍。

2016年に夏の大会でチームを甲子園3回戦まで導いています。

チームを甲子園に導いたというだけで、高校時代の玖礼選手の実力の高さが伺えます。

 

仲地礼亜選手のお兄さんの玖礼さんは現役の社会人野球の選手として活躍されていました。

仲地礼亜の父親と母親

仲地礼亜選手の父親は鮮魚の卸売業をしているとのこと。

父親の職業の関係でマグロなど沢山の魚を食べて育ったと言います。

 

息子二人を幼少期より野球をさせていたことを考慮すると、父親も野球経験者であるように思われますね。

実際に父親が野球をやっていたかどうかは明らかではありません。

ただ、中学校時代に学校の野球部ではなく、わざわざ硬式野球の北谷ボーイズに所属させていたことを思うと、息子たちが野球をすることに対しては全面的に応援をしてきたことが伺えます。

そんな背景からすると礼亜選手の父親は野球が大好きであることは間違いないと思います。

また、息子たちが野球を継続することを支援、応援してきた協力的な立派な父親像も想像がつきますね。

 

仲地礼亜選手の母親については、夜勤のある職業についているとの情報がありました。

夜勤のある職業とのことで、看護師をはじめ医療従事者が思いつきますが明かではありません。

 

仲地礼亜選手の母親は夜勤明けで帰ってきてからお弁当を作るなど、食事面でのサポートを抜かりなく継続されてきたようです。

父親同様に息子たちの成長を懸命に支えてきた立派な母親像が伝わってきますね。

 

仲地礼亜選手もそうですが、お兄さんの玖礼選手と二人揃って名前がとても粋な感じです。

名前からすると、両親の年齢もかなり若いように見受けられますね。

スポンサーリンク

まとめ

2022年のドラフトで中日ドラゴンズから1位指名を受けた沖縄大学の仲地礼亜選手のお兄さんや父親、母親について紹介しました。

仲地礼亜選手の活躍が期待されますね。

仲地礼亜選手のイケメンと話題の記事はこちらをご覧下さい!

仲地礼亜がイケメンと話題に!出身高校や身長などwiki調査まとめ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました