仲地礼亜がイケメンと話題に!出身高校や身長などwiki調査まとめ!

スポーツ

2022年のドラフト会議で中日ドラゴンズに1位指名された沖縄大学の仲地礼亜選手。

仲地礼亜選手は沖縄の大学から始めてのプロ野球選手ということで注目されました。

そこに加えて仲地礼亜選手のイケメンぶりも注目の的となっています。

この記事では沖縄大学の仲地礼亜選手のイケメンぶりと身長や出身高校などwiki風にまとめてあります。

仲地礼亜のwiki風プロフィール

まずは仲地礼亜選手のプロフィールをwiki風に紹介します。

仲地礼亜(なかち れいあ)

生年月日: 2001年2月15日(2022年10月現在21歳)

出身地: 沖縄県読谷村

身長: 177センチ

体重: 80キロ

ポジション: ピッチャー

投打: 右投右打

球種: チェンジアップ、カーブ、カットボール、スライダー、ツーシーム、スプリット

球速: 最速151キロ

目標の選手: 金子千尋選手(日本ハム)

家族構成: 父親、母親、兄(玖礼 くれお)

仲地礼亜選手は沖縄県読谷村の出身です。

2022年10月現在は沖縄大学に在籍されており、仲地礼亜選手が2022年のドラフトで指名を受ければ沖縄の大学出身者では初めてのプロ野球選手の誕生ということになります。

地元でも期待が高まっていることと思います。

 

仲地礼亜選手は2学年年上のお二さんとの二人兄弟。

お兄さんの影響で小学2年生の時に野球を始めます。

 

仲地礼亜選手の学歴がこちら。

●読谷村立古堅南小学校

●読谷村立古堅中学校

●沖縄県立嘉手納高等学校

●沖縄大学

仲地礼亜選手は小学校2年生から地元の古堅南少年野球クラブで軟式野球を始めます。

中学になると学校の軟式野球部には所属せずに、北谷ボーイズで硬式野球に切り替えました。

高校での野球(甲子園)を見据えての選択だったと思います。

 

高校はお兄さんが進学した沖縄県立嘉手納高等学校に進学し、野球部に所属します。

高校1年生の時はお兄さんの玖礼(くれお)選手は3年生で、嘉手納高校のエースとして活躍されていました。

1年生の夏はお兄さんの玖礼選手が率いて夏の甲子園に出場し3回戦まで進出しています。

ただ、この時は仲地礼亜選手は1年生でベンチ入りは叶わずスタンドから応援を送っていました。

 

仲地礼亜選手の甲子園の経験はこの時だけです。

 

お兄さんの背中を追うように沖縄大学に進学し仲地礼亜選手。

大学4年生の5月に球速151キロをマークし、12球団のスカウトから注目される存在に名乗りを上げたのです。

2022年のドラフト会議では中日ドラゴンズが仲地礼亜選手を1位指名することを公表し、注目が集まっています。

更に仲地礼亜選手のイケメンさも相まって、更に注目されることでしょう。

スポンサーリンク

仲地礼亜がイケメンと話題に

仲地礼亜選手の実績や実力に注目が集まっていますが、既にSNS等では仲地礼亜選手のイケメンぶりが話題に上がっています。

仲地礼亜選手のイケメンな画像がこちら。

ピカリと輝く沖大生!(55) 県内大学初のプロ野球ドラフト指名を目指して(福祉文化学科4年次 仲地礼亜さん) | 沖縄大学

出典:okinawa-u.ac.jp

 

甲子園出場の兄を追い沖縄大へ 最速151キロの仲地礼亜、プロ志望 [沖縄はいま]:朝日新聞デジタル

出典:asahi.com

笑顔が素敵で甘いマスクが印象的なイケメンさんですね!

目鼻立も整っており、今後は野球の実力とともに容姿にも注目が集まることでしょう。

 

SNS上での仲地礼亜選手のイケメンぶりの話題をまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

このようにドラフト会議前から、SNS上では仲地礼亜選手のイケメンぶりが話題となっています。

既にこの人気ですからプロデビューを果たした際は、どんなになるか楽しみですね。

 

また気になるのは彼女の存在ですが、仲地礼亜選手のツイッターやインスタグラムは野球のことばかりです。

ここまで野球一筋に励んでこられた証拠でしょうか。

そんなところもまた素敵で好感が持てる要因です。

スポンサーリンク

まとめ

沖縄大学の仲地礼亜選手のイケメンぶりとプロフィールをwiki風に紹介しました。

今後の仲地礼亜選手の活躍が楽しみです!

仲地礼亜選手のお兄さんについてはこちらの記事に詳しく書かれています。

【沖縄大学】仲地礼亜の兄の現在は社会人野球で活躍!父と母の職業は

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました